第2回横浜シティマガジン
中田宏横浜市長が雑誌の編集長という立場で横浜市内で活躍する企業や市民など様々な分野の方々を取材に訪れるという番組です。

横浜の川「大岡川学校体験入学」

出演 中田宏  横浜市長
   鈴木佳昭 大岡川学校校長
   三冨龍一 海洋生物コンサルタント
   大岡川で育ったワカメ&Eボート

     
ロケに中田市長が挑戦 22日に放送のTVK番組
2002/11/12 神奈川新聞
横浜市の中田宏市長は十一日、横浜の「今」と「未来」をリポートするTVKの番組「横浜シティマガジン」の第二回のロケに臨んだ。テーマは「横浜の川を考える〜中田編集長の大岡川下り〜」。
川の実習
川の実習の様子
かつてはどぶ川と呼ばれた大岡川も最近は地域の人たちの努力でワカメが生息するまでに戻った。その市民活動の取り組みなどを聞いたり、川下りを体験したりすることでこれからの横浜の川の在り方を考えるというもの。

箱メガネ
 箱メガネで水中のワカメを探す   中田宏横浜市長

ロケでは大岡川で練習している横浜商業高校(南区南太田)のカヌー部選手たちと会話。ボートでワカメが生息する長者橋まで約一・七キロの川をこいで下ったり、長者橋付近で水中をのぞいたりした。
ワカメ標本
Eボート上でワカメの説明を聞く市長
ワカメを使ったみそ汁も試食した。中田市長は「川に親しみ利用することで川への愛着も生まれ、川を守っていこうという気持ちになるのでは」と話していた。
ロケ内容は二十二日午後九時から放送予定。
ワカメみそ汁
  ワカメのみそ汁を食す出演者
     
     
 
     
back