BigDesign(びっぐでざいん)
     
ビッグ・デザインとは、見えるデザインと見えないデザインの結合を意味します。 UDP外観 UDP内部
近代以降の技術革新の中で、デザインは大量生産を前提とした技術の一部として、また多様化市場に対応するための差別化要因として捉えられ、ものに形を与える作業という側面のみで役割を果たしてきました。しかし、本来デザインは、歴史的・文化的に蓄積された情報を組み替えることーー知の組み替えーーにより文化を越えた共通言語(コンセプト)を探す作業とそのコンセプトに基づいて形をつくるという2つの側面から成り立ちます。ものが市場にあふれ、かってのような絶対的な価値をもたなくなったこの時代に、ものに形を近代デザインは終焉を告げ、デザインは終焉を告げ、デザインは再び本来の姿を取り戻すべき時を迎えています。visible design(見えるデザイン)とinvisible design(見えないデザイン)の結合。このビッグ・デザインの実現のため、ビッグ・デザイン・プロジェクトは活動を行っています。ビッグ・デザイン・プロジェクトのベースとなっているのが、イタリアに本拠をもつ「プロジェクト大学(ウニベルシタ・デル・プロジェット/UDP)というデザイン学校を率いる、ジャンフランコ・ガスパリーニという教育家による活動です。
UDPプレート
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
UNIVERSTA DEL PROGETTO
Corso Garibaldi
7-42100
Reggio Emilia
Italia
 
 
 
 
 
     
   
back