大岡川学校 (おおおかがわがっこう)
     
毎年4月の大岡川桜まつりの期間に大岡川流域の小学校児童の参加で行われている。大岡川学校は川を楽し
講義 Eボート組立
む「楽校」で前半はEボートを講師の指導でグループに分かれて、川での安全対策などの話を交えながらボートを組み立ていきます。このEボートの「E」はエクスチェンジ(交流するという英語)とエコロジー(環境という英語)の頭文字のEをとって名付けられました。このボートは現場で組み立てられる10人乗りの手こぎボートです。
そして室内に移動して地域のいろいろな分野(大岡川流域の自然と生き物、水質、河川の環境保全、歴史、文化、川づくり、まちづくりなど)で活動している人たちに先生になってもらい講義を受けながら、みなさんの疑問にも答えるものです。後半は川におりて自分達で組み立たEボートで大岡川を体験します。皆が力を合わせオールをこぐことで一体感がうまれ、いつもとは違う川面から街や川の中を観察できるこの体験は子ども達にとって大きな喜びと感動が得られます。大岡川学校は流域の市民の多くの人の協力で成り立つ市民学校です。
このように大岡川は水や川をテーマとした総合的な学習に最適な教材となります。
大岡川流域連携市民会議を構成するメンバーが学習プログラムの作成やコーディネターとして流域の小学校のいろいろな要望に応えて環境教育、わが街発見などの協力を行っています。川の流域を一つの単位として川づくり、まちづくりに取り組んでいます。
実習
 
 
 
 
 
 
 
参加小学校

横浜市立本町小学校

横浜市立東小学校

横浜市立日枝小学校

横浜市立中村小学校

横浜市立大岡小学校

横浜市立磯子小学校

横浜市立南小学校
 
 
 
 
   
back