港・ヨコハマの都心に流れる 
大岡川(おおおかがわ)
     
大岡川氷取沢 大岡川花見橋 大岡川黄金橋
上 流 中 流 下 流
磯子、金沢両区にまたがる緑豊かな円海山一帯にある「氷取沢市民の森」のおおやと広場の夏のスナップ。初めておとずれる人は、ここがおなじ大都会横浜とは思えない大岡川の源流です。 南区花見橋付近のキショウブが咲く初夏の中流域。河床プロムナード工事にあわせて市民団体と行政が相談しながら、川の水も浄化するのでキショウブを植えました。維持管理なども市民団体が行っています。 中区黄金橋からランドマークタワーと桜が満開の4月初めの下流域。大岡川では中流の与七橋から下流の都橋の川の両岸に桜が植えられ、大岡川桜まつりにはたくさんの人出でにぎわいます。
     
源流から河口まで横浜市域にあり、源流部は緑豊かな円海山丘陵地から開発された新興住宅地、下町情緒が残る商店街を流れ、途中で分流した2本の川は中村川、堀割川と名前を変え、ミナト横浜を支えた運河の名残りが随所に見られます。そして本流は繁華街を流れ、日本丸メモリアルパークと汽車道の脇で横浜港に注ぐ全長約15キロの都市河川です。この河口部は、みなとみらい21地区や新港地区のウォターフロントとして新しい都市整備が進められています。
横浜の都心部は大岡川の河口を埋め立てた埋立地で昭和40年代までは運河が縦横に走り水網都市であったが残念ながら道路事情などにより埋め立てられて、現在下部は地下鉄、上部は公園などに姿を変えました。埋め立てをまぬがれた中村川、堀川の上部には高速道路が走り、本流や中村川、堀割川両岸には不法係留があとをたたず、川づくりからも景観からも不法係留をなくすための解決策を市民と行政が連携して模索中です。

  
 
 
 
 
 イベント情報
3月大岡川クリーンアップ
4月大岡川桜まつり、南区桜祭り
5月大岡川クリーンアップ

7月大岡川クリーンアップ/生き物調査
9月大岡川クリーンアップ
10月弘明寺アートフェスティバル
11月大岡川クリーンアップ/大岡川まるかじり
 
     
     
     
 
   
back